【代表理事・川合レオのジュニア・ジャパン・BKコーチ就任のお知らせ】 2012年4月16日

ラグビーパークジャパンの生徒の皆さん、保護者の皆様へ

日頃より、ラグビーパークの活動にご理解ご協力いただき、誠にありがとうございます。
皆さまの温かい支えの元、当活動が3年目のスタートを切ることができましたこと、心より感謝しております。

さて、この度、私、川合レオが、日本ラグビー協会が行うジュニア・ジャパンという活動において、バックスコーチに就任することとなりましたことを、皆さまにご報告させていただきます。
このジュニア・ジャパンというプロジェクトは、2015年、2019年のワールド杯で活躍を期待される若手有望選手(17歳〜24歳・・平均21歳)を選抜し、これから2019年まで、毎月2回、定期的に練習を続けるという、日本ラグビーで初めての活動で、エディー・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチをはじめとする代表スタッフの皆さんが、直接、選手選考や指導方針に関わります。
既存の各年代の代表が、大会での勝利といった短期的目標を掲げるのに対し、このプロジェクトは、チーム活動をせずに、年間を通した継続強化を図るのが特徴です。
私の役割は、ラグビーパークでの活動と同様、ジュニア・ジャパンとしてのチームでの勝利ではなく、一人一人の選手としての成長に寄与し、一人でも多くのプレーヤーを、世界に向かって日本代表として送り出すことです。

ジュニア・ジャパンのコーチをお引き受けしたことにより、月に2回ほどラグビーパークの活動にも参加できない日が出てくるなど、物理的な影響が起こり得ますが、私自身がエディー監督や、薫田コーチをはじめ、日本代表の世界的に優秀なコーチの方々と一緒に活動し、コーチとして得ることのできた財産を、今後のラグビーパークの活動にも活かしていきたいと思っての最終的な決断です。
ラグビーパークで皆さまと学ばせていただいたことをジュニア・ジャパンの活動にも活かし、また、ジュニアジャパンで得てきた様々な学びや体験をラグビーパークのレッスンに活かし、今後もお子様方の成長、日本ラグビーの発展の為にさらなる努力を続けてまいる所存ですので、この度の決断にご理解を頂ければ幸いです。

これからコーチとしてラグビーパークの子ども達への指導、ジュニア・ジャパンの若いプレーヤーへの指導と、レベルも年齢も違うプレーヤー達をコーチしていくことになりますが、私のやるべきことは、どんな年齢や、レベルであれ、目の前のプレーヤーの成長を最大限に応援し、サポートすることだと思っております。
ジュニア・ジャパンでの経験を、林コーチと共有しながら、どのようにラグビーパークの子ども達の指導に活かせるか、私自身も楽しみにしております。
今後とも、何卒、よろしくお願い致します。

川合レオ
NPO法人ラグビーパークジャパン 代表理事
財団法人日本ラグビーフットボール協会 ジュニア・ジャパン BKコーチ
財団法人日本ラグビーフットボール協会 普及競技力委員会ハイパフォーマンス部門 リソースコーチ
公益財団法人 日本オリンピック委員会女性スポーツ専門部会委員
【ジュニア・ジャパンの活動の詳細】
JRFU発表
■掲載記事
「RUGBY REPUBRIC」
「サンケイスポーツ」